初めての方へ3 学ぶ前に知っておく基本 | NPO法人日本レイキ協会モバイルサイト

reikilogo02

3 「学ぶ前に知っておく、大切な基本」

 

「レイキ人口は?」

現在、欧米の先進国を中心に、全世界で1,000万人と言われています。

「なぜ、日本発祥のレイキなのに国内よりも海外のほうがメジャーなの?」
そこには、歴史(第二次世界大戦)が関係しています。

現在、日本国内の普及は、約15万人ほどです。

海外には、レイキをれっきとした医学や治療の一つとして扱っている国が多数あります。
レイキを用いる病院や医師、レイキクリニックも驚くほど多数存在します。

一方、日本国内では、レイキを用いた治療や診断は法律に違反するため、クリニック等の開設はできません。
また、レイキ師範やレイキマスターが「レイキで病気が治ります」等の発言をする事も、日本の法律に違反いたします。

つまり、日本国内のレイキ関係者は、「レイキはリラクゼーションに効果的です」等としか言えません。

(※ただし、一個人がレイキによる体験、効果や感想、症状の軽減や回復を伝えることについては、特に問題ありません。)

 


 

「レイキ療法は、スポーツと同じ。練習するほど どんどん上達します。」

レイキ療法は、『頭で知識を得たり、理解する学問』ではなく、『実践練習によって、体得する技能』です。

つまり、講義を聴き、頭で理解したり覚える座学ではなく、一般的なスポーツ、PCの操作、車の運転などと同じく、『カラダでコツを覚える技能』なのです。

たとえば『ホームランを打つ方法』という本を何冊読んでも野球がうまくならないように、野球の腕を上げたければ、実際にバットを振って練習をする必要がありますよね。

レイキ療法の技能習得も同様です。上達には実践練習が必要です。
(使えば使うほど、どんどん上達します。才能素質は関係ありません。)

実践練習は、自宅で独り行なう事も出来ます。
けれども、やはりプロ(指導者)についてコツを得たほうが断然 習得スピードが速いですし、上達が加速します。

(自宅で独り行なっていると、ちゃんと出来ているのかどうかの確認が取れないため、やみくもに手探りで行なう事になるからです。)

(※当協会では、『練習会』を開催しています。レイキ実践者の上達を、流派系統を超えて支援していますので、どこでレイキを学んだかたも関係なく、参加して頂けます。)

(※『練習会』の内容や開催スケジュールは、練習会のページよりご確認下さい。)

 


 

「レイキには、2つの種類があります。」

現在、海外には およそ1,000万人のレイキ実践者、
レイキ指導者が存在します。

ところで、実は「レイキ」は一種類だけではありません!
大きく分けると、2つに分かれます。

①「臼井式」
(100年以上前、臼井氏が日本にて創立したもの)
②「その他」
(非臼井式)
臼井式ではありません

現在、世界各国で『レイキ』と呼ばれ有名なのは、臼井式です。

 


 

「臼井式レイキも、『西洋式』と『日本伝統式』に分かれます。」

そしてもうひとつ、覚えておいて下さい。
この臼井式レイキも、大きく分けると2種類に分かれます。

①「西洋式レイキ」
②「日本伝統式レイキ」
です。

%e8%87%bc%e4%ba%95%e5%bc%8f
「西洋式」「日本伝統式」は、どちらも『臼井式レイキ』であり、源流は同じです。
そして、どちらが優れているという優劣もありません。
(ただし、学ぶ内容には、違いがあります。)

臼井式レイキは第二次大戦後、日本国内でほぼ消滅しつつある状況でしたが、反対に、戦後、欧米各国では驚くほど広がりをみせ、普及しました。

そして後に、欧米人のレイキマスター(レイキティーチャー)を通じて、”Reiki" が1980年代後半に海外より日本に再上陸。

( こちらは、戦前までの『日本伝統式レイキ』と区別する意味で、『西洋式レイキ』と呼ばれています。西洋式は、もともと日本にあったレイキに新たなアレンジが加えられ、『レイキ療法』の技法のみがクローズアップされ、発展しました。)

…つまり現在、国内では、『西洋式レイキ』が逆輸入という形を取り、再び広まりつつあるのです。

(日本国内でレイキを学んだかたの数は、現在約15万人と言われています。)

海外でも日本国内でも、西洋式レイキが圧倒的な普及率です。

普及率…
西洋式:99%
日本伝統式:1%未満

『日本伝統式レイキ』の“失われた半分”と言われる『レイキ法』は、西洋式レイキの多くの流派から抜け落ちてしまいました。

(※当協会は、日本伝統式レイキ再び普及する事を夢見ています。また、そのための活動を行なっています。)


 

「講習内容は、スクールによって大きく違います。」

西洋式・日本伝統式いずれも、様々な流派系統があります。

現在、全国に多数のスクールや指導者が存在しますが、『どこも、ほぼ同じ事を伝えているだろう』というイメージと前提を、まずは横へ置いて頂けますよう、お願いいたします。

通常、私達が何かを学ぼうと考える時、『同じものならば、ほぼ同じ内容を指導しているだろう』と考えるものです。

ところが『レイキ』の世界に限っていえば、指導者(もしくはスクール)によって、
伝えている内容がビックリするほど違います。

時に、『まったく別物』と言っていいほど違っていたりします。

どれほど違うかと言うと、ギターを習うかピアノを習うか、ほどの違いです!!

(にわかにはイメージがつきにくいかも知れませんが、
『フラダンスを習ったつもりが、実は社交ダンスだった!』ぐらいの差です。)

これほどまでに「どこで学ぶかによって内容がさまざまに違う」
というジャンルは、他を探しても滅多にないでしょう。
「なぜ、そんないい加減な事に?!」
と、戸惑われたかも知れませんが、これは誰かが悪いという話ではないのです。

『日本国内のレイキというジャンルは、まだそれほどに未熟でヨチヨチ歩きの段階なんだ』という事です。

この点をしっかりと踏まえた上で、ご自身に合った指導者を見つけてください。

『レイキを学んだつもりが、レイキではないものを学んでいた』というトラブルも時折起こっています。(非常にお伝えしにくいことですが、事実です。ご注意ください。)

 


 

「アチューンメント講座の種類(段階)は?」

一般的に、臼井式レイキは4段階に分かれています。

①アチューンメント講座 初級
(1st.ディグリー)
②アチューンメント講座 中級
(2nd.ディグリー)
③アチューンメント講座 上級
(3rd.ディグリー)
④師範研修
(マスターディグリー)

アチューンメント初級講座は レイキを使えるようになるためのスタート地点です。

(アチューンメントを受けることにより、レイキを使う準備が出来ます。)
(中級、上級でも、各段階のアチューンメントを行ないます。)

 


 

「講習時間は?」

講習時間は、全世界で平均的に、各レベルにつき それぞれ、およそ4~5時間程度です。
(休憩時間を入れると、各6時間ほど。)
(講義、アチューンメント、自己鍛錬法、レイキ・エネルギーの扱い方の説明など。)

※【ご注意を】
劣悪なレイキ講師も ごくまれに存在します。
・アチューンメントのみしか行なわず、1時間程度で講習を終える
・1日で上級(サードレベル)やマスターレベルまでを伝える
・レイキの使い方の説明や実践指導を行なわない、
・アチューンメントのみで、その後の練習の場やフォローアップがない
…などなど。

また、『遠隔アチューンメント(=遠隔伝授・通信アチューンメント講座・オンライン伝授)』も臼井式レイキには存在しません。
詐欺も発生していますのでご注意下さい。

 


 

「国内の平均的な受講料は?」

・初級(1st.ディグリー)   …   ¥30,000
・中級(2nd.ディグリー)    …   ¥40,000
・上級(3rd.ディグリー)   …   ¥50,000
・師範研修(マスターディグリー) …  ¥150,000

(各流派、講師によって講習時間や内容、料金は大幅に異なります。)

 


 

「一度アチューンメントを受けたら、ずっと使えるものなの?」

はい、きちんとアチューンメントが行なわれたならば、一生涯に一度で充分です。

(アチューンメントは、初級・レベル1のみではなく、各レベルごとに存在します。)

※ごくまれにですが、すでに他所でアチューンメントを受けた人に対して、
「あなたはレイキの回路をちゃんと開けてもらっていないようですね、アチューンメントを受講しなおしたほうがいいですよ」
という謳い文句で不安をあおり、勧誘する劣悪なレイキ指導者の例が報告されています。ご注意下さい。

 


 

「 レイキのパワーレベルって何?(さまざまなレイキのパワーがあるの?)」

レイキ・エネルギーは この世に1種類しか存在しません。
(酸素や窒素がこの世に1種類しか存在しないように、です。)

ただし、レイキ・エネルギーを手のひらから流す技術については、優劣があります。
初心者のかたよりも当然、熟達した人のほうが優れています。
(念の混ざらないクリアなレイキを流せるため、レイキ療法の効果も高いです。)

なお、余談になりますが、健康な人ほどクリアなレイキを流せる、という事はありません。
たとえば、病をお持ちのかたでも、レイキは扱えます。
他者を癒す事も出来ます。

なぜなら、ご自身のエネルギーを使わない技法だからです。
そこがレイキの優れた特徴でもあります。

(※「うちのレイキは他所の○倍のパワーがある」「うちのレイキには神仏の波動を乗せている」
「うちのレイキはお金を引き寄せる波動を持っている」等、トリッキーな謳い文句で勧誘する劣悪なレイキ指導者も ごくまれに存在しますので、くれぐれもご注意下さい。)

 


 

「なぜ、誰でも才能素質に関係なく、レイキが使えるようになるの?」

それには、『アチューンメント』と呼ばれる手順が関係しています。

(※『誰でも習得可能な手順(メソッド)』の事を、『アチューンメント』と呼びます。)

臼井氏が『アチューンメント』という「レイキ・エネルギーを扱う準備を整える手順(メソッド)」を編み出したおかげで、生まれつきエネルギーを扱う事が出来たり、ヒーリング能力の持ち主だったりという特殊能力を持つかた以外の誰でも、レイキ療法を行なえるようになりました。

このために臼井式レイキは、今や全世界で1,000万人のレイキ療法家を生み出すまでに、劇的な普及を遂げたのです。

(※通常、エネルギーワークを行なうには、天性のヒーリング能力を持って生まれた人か、長年にわたり気功の鍛錬を積む、などの日常不断の努力が必要なものです。)

 


 

「ただし、1日で レイキを使いこなせるようには なりません。」

もちろん、『アチューンメント講座』の受講後すぐに、達人のごとく 気を扱えるようにはなりません。

※「アチューンメント講座の受講後は、レイキが使える準備段階が 整うだけです。」

「受講後、すぐにレイキヒーラーになれますか?」
「受講後、すぐにレイキ師範(=レイキ療法を教えるプロ)になれますか?」
という質問が当協会に多数寄せられますが、もちろん不可能です。

(これは、クルマの運転免許の習得に置き換えて考えて頂ければ、納得かと思います。運転免許の取得後、誰も1日でプロ級の運転など出来ませんよね。
いきなりその日から 高速道路を思い切り飛ばしたり、プロのレーサー級の運転が出来なくて普通ですね。レイキ療法の技能習得も、それと同じ事なのです。)

魔法のように、たった一日で気の達人になれたり、
レイキヒーラーになれたら嬉しいんですけどネ。

(『目に見えないエネルギー』の話なだけに、魔法のような可能性を信じたくなる人の気持ちも分かりますが、そのような事は ありません。)

「レイキの技法習得には、アチューンメント後、実地練習が必要です。」

 


 

「けれども、心配しないで下さい。少しの練習によって 必ず使いこなせます。」

初心者のかたが 基本的な技能を習得し、気を感じたり、楽しく 使いこなせるまでに要する練習期間は、約3ヶ月~半年程度 を目安に考えてください。

(これも、クルマの運転と同じように捉えて頂いて大丈夫です。最初は誰でも、車庫入れや高速道路がおぼつかず、おそるおそる練習しますよね。でも、練習を積めば高速道路もラクに運転できるようになります。)

 

圧巻!諸外国における普及状況。

 

「圧巻!諸外国における普及状況。」

アメリカの西洋医学の大病院では、レイキ療法が治療として積極的に取り入れられています。(ハーバード大学、コロンビア大学系病院をはじめ 驚くほどの有名病院多数!)

 

◆アメリカ軍は、軍人に対してレイキ療法を治療として取り入れています。

英国では政府がレイキ療法をバックアップ。
全ての王立病院でレイキ治療が取り入れられています。
(その際には医療保険も適応。)
西洋医学の医師と、レイキ治療家とがチームを組み、治療に当たっています。

 

◆英国では政府がレイキ療法をバックアップ。
全ての王立病院でレイキ治療が取り入れられています。
(その際には医療保険も適応。)
西洋医学の医師と、レイキ治療家とがチームを組み、治療に当たっています。

 

欧米では、駅前には『レイキクリニック』が存在します。
(たとえば日本国内で、駅前に『中国医学・気功クリニック』が点在しているのと同じようなイメージです。)(ただし英国内でも、街角のレイキクリニックは医療保険が適応されません。)

 

◆中国では、気功や少林寺等と同じく、活動が政府当局より厳しく禁じられています。
(ただし香港では白人を中心に、非常に盛んです。治療として活用されています。)

リゾート地の5つ星、6つ星ホテルのエステサロンへ行ってみて下さい。
『レイキトリートメント』のメニューがあります。非常にポピュラーです。

 

◆世界各国に『レイキ協会』が存在します。
先進諸国の他、南米各国、アフリカ諸国、中近東でも『レイキ』は知られています。

 

「諸外国より、日本伝統式レイキへの問い合わせが来ます。」

当協会へは、欧米諸外国の旅行会社や医療団体より、問い合わせが届きます。
英語圏ではない地域からも届きます。

その内容のほとんどが『日本国内で、日本伝統式の(もともとの形の)レイキを授業で教えている
大学を教えて欲しい』
(大学で教えていて当たり前だという前提での問合せが来ます!)

『日本国内にあるレイキの本格的なクリニック(医院・サロン)を紹介して欲しい』
(そこいら中に存在するという前提での問合せです!)

『日本国内で(英語で)日本伝統式・レイキ法を学びたい』
といったものです。(これには、当協会はお応えしています。)
欧米人にとってはレイキ療法が非常にポピュラーなため、『レイキ発祥国の日本では、さらにメジャーなのであろう』という誤解が前提としてあります。

けれども、日本国内のどこを探しても、この要望に応えられる大学や医療機関は存在しません。

 


 

「日本国内の状況。」

あなたもご存知の通り、日本国内にはレイキ療法のサロンはほぼ存在いたしません。
(あったとしても、自宅を店舗代わりとして細々と行なっているかたがわずかにいる程度です。)

初心者や未経験者のかたに向けた説明セミナーも、開催しているところは国内でごく少数、ほぼ皆無です。

もちろん日本国内の医療従事者や、医大などでもレイキ療法は取り上げませんし、認知度も低いです。つまり現在、日本国内に『レイキ療法』という分野自体、存在していないに近い状況です。

(何度も繰り返しお伝えしているとおり、現在、日本国内でレイキによる治療効果を謳う事は日本医師法に反します。そのため国内では『リラクゼーション』『癒し』として位置づけられています。)

…ただ反対に、欧米の医療機関で働く日本人医師で、レイキを知らないかたは居ません。

以前、『国境なき医師団』に所属し、セルビアの病院で働く日本人医師のかたも、当方へレイキ療法を学びに来て下さいました。

日本人が海外留学中に、現地の人々から「日本人なら、レイキ使える?」と尋ねられ、「なぜ日本人なのにレイキを知らないの?」とあちこちで訊かれ、「レイキって一体なんだ?」とインターネット検索を行った末、レイキを知る…というパターンも非常に増えているようです。

2017/06/25